当店だけの3つのスタイル

「現地へ行かれるんですか?」
「直接、買い付けされるんですか?」

お客様から、よくお問い合わせがあります。
結論から申し上げると、

「現地へは行きません。」
「農園との直取引(ダイレクト)はしていません。」

「こだわりの店」のシェフやオーナーが、直接現地に赴き、生産者と会って吟味した食材を仕入れる・・・メディアの影響か、コーヒー店にも同様なイメージを持たれていると考えられます。

もちろんコーヒーの世界にも、料理人同様に「現地で買い付け」している方々はいらっしゃいます。

私の考える「現地買い付け」とは・・

・消費国サイドから生産者に「この様な豆が欲しい/作って欲しい」とリクエストができる。
・栽培工程・精製工程でもアドバイスと改善についてディスカッションできる。
・生産者がリクエストに応えてくれた場合、「その豆を購入する」。
・購入のための「価格交渉」ができる。

これらが「可能なら」現地へ行く意味は大いにあります。

しかしながら、農園の規模にもよりますが、取引単位は70㎏にも及ぶ麻袋生豆が「数十~数百」という量が一般的です。

これはあくまでも1アイテムにつき、の話であって数か国のアイテムを扱う場合、膨大な生豆のストックを可能とするスペースや保管代、買い付け資金が必要です。
また、農園主との価格交渉もハードです。
物流・保険・決済等、基本的にはプロの商社マンと何ら変わらない交渉スキルが不可欠です。

とてもではありませんが、街の一介の自家焙煎店が関与できるレベルではありません。

「私の知ってるコーヒー屋さんは、現地にも行ってるみたいだけど・・」という声もあるでしょう。

ビジネス、という点よりも、コーヒー豆は「こういった環境で作られている」「こんな工程で作られている」を知る良い機会ではあると思います。
思い入れが強いオーナーは「単純に見てみたい/行ってみたい」という欲求もあるでしょう。

決して否定するものではありませんが、これら多くのケースは、要は「見学」です。

生産国に行った生の「お話し」はお客様にとって刺激的でしょうし、「農園主と握手する写真」等がお店に掲げてあれば「こだわりの店」というイメージも強まるでしょう。

「現地に行く」という考え方は、コーヒーのプロの方々にとって、様々な思惑があります。
当店では「ビジネス」という点を最重要視しています。

「バリスタチャンピオンシップ」「ローストチャンピオンシップ」「ハンドドリップ・・・」等等、コーヒーに関する「コンテスト」の存在はご存知でしょうか?

基本的にはプロ・アマチュアも含めてその技量を競い、自らのレベルアップと上位入賞を目指すものであります。

沢山のジャンルや数多くエントリーしているプロは自らの店内にその実績を掲げることも多く、お客様への良きアピールにも一役買うことでしょう。

当店ではそういった「コンテスト」にはエントリーしません

最も知名度の高い「コーヒー」のコンテストは「SCAJ」(日本スペシャルティコーヒー協会)が主催するものです。

この最後の「J」が「A」という組織があります。「A」、即ち「アメリカ」スペシャルティコーヒー協会。アメリカはコーヒーに限らずあらゆる食品に「ランキング」や「点数」を付けたがるお国柄でして・・・

モノの優劣には客観的な数字の様な「ものさし」で評価されるべきである、という観点は結構なのですが、問題は何をもって「満点とするか」です。

嗜好品であるコーヒーに「正解=100点満点」を設定する訳です。
「SCAA」ではコーヒーの味わいに様々な項目を設定しています。

最も特徴的なのが
・「酸味が重要である」
・「苦味は不要である」

という考え方です。

「酸味を基調とし、苦味は欠点とする」コーヒーが彼らの設定する「美味しいコーヒー」です。

これはアメリカの話でしょう?、とお感じになると思われますが、「SCAJ」は設立時より多くの面で、この「SCAA」をモデルとし、評価のスタイルも準拠しています。

即ち、日本でも「エスプレッソ抽出をベースとし、酸味に特徴や風味を表現したコーヒーを焙煎・抽出すること」が上位入賞の重要なポイントなのです。

このスタイルをもって、当店とは相容れません。
当店のコーヒーとは「甘さと苦さが融合する美味しさ」です。

プロの中には「コンセプトはともかく、その枠の中で頂きを目指す」といった、「割り切り」でエントリーされる方もいらっしゃるでしょう。無論、研究や研鑽の一環として、大いに尊敬するものでありますが・・・

全国の多くのプロの中での「位置付け」や「ランキング」に腐心することは当店のコンセプトでもなく、その視点は「SCAJ」でもなく、あくまで「お客様」に向いています。

「アメリカ」や「プロ」の方向けに発信するコーヒーではなく、一般の「日本」のお客様が「美味しい」と思われるコーヒーがテーマなのです。

お客様から「酸っぱくないコーヒーを下さい」とリクエストされることは、当店がオープンしてから幾年経っても変わらない筆頭のケースです。

考えられるのは
・「酸味の強い」コーヒーを提供するショップが増えた。
・鮮度管理されていない酸化劣化したコーヒーが流通している。

の2点、と考えられます。

前者はここ10年ほどの傾向かと推察されます。

バリスタ・スペシャルティ・サードウェーブ等のキーワードと関連性の高いショップでリリースされているモノは特に顕著かと推察されます。

「酸味の質」として、フルーツ・シトラス・ベリー等等、のキーワードを挙げ、その風味を表現しているのですが・・・正直、それらの様な酸味を味わいたければ、フルーツジュースや柑橘ジュース等「そのもの」を飲めばよろしいのではないか・・・そう感じます。

嗜好品の味わいに「正解」はありませんが、コーヒー「にしか」ない味わい。それを際立たせるのが、日々ノ珈琲の基本であり、生豆の選別・焙煎においても反映しています。

「酸味」を味わう「飲み物」は他にいくらでもある・・・日本においては「コーヒー」に求められている味わいのイメージがあろうかと考えてます。

後者に関しては、「売り手」の鮮度管理の問題が焦点となると考えられます。「温度」「湿度」「酸素」「光」はどれも、食品に対しては劣化加速の要因です。

販売において冷蔵庫等の「保冷管理」を施している店舗が未だにごく少数派の様です。
「購入した時点」で既に「酸化=酸っぱい」コーヒーである可能性が断たれず、結果消費者が淹れて飲んで「うわ、酸っぱい」となるケースは想像に難くありせん。

「豆は呼吸してるから常温でいい」「エスプレッソは泡が立ち過ぎても良くないから、あえて空気に曝露させる」といった見解もある様です。

「焙煎としての酸味」「劣化による酸味」は本来別なのですがプロはともかく、一般の消費者に細やかな判別を求めることは現実的とは言えないでしょう。
いずれにせよ消費者に「酸っぱくないものを」という嗜好がベースにあるのなら、それを提供するのが当店のテーマです。

いつものコーヒーがしっくり来ない方へ・・・

「納得できる味を手に入れたいと思いませんか?」

▶最近のコーヒーがどうも美味しく感じられない・・・
▶「とりあえずいいか」と思って飲んでいる
▶そもそも美味しいコーヒーって何なのかわかっていない
▶最近多い「酸っぱいコーヒー」が美味しいと思えない
▶評判のコーヒーをいろいろ試してみたけど・・・
▶本当は飲みやすいコーヒーがいいんだけど・・・

コーヒーの味わいは、
素材(生豆)の吟味と焙煎(ロースト)のセンスで決まります。

そのセンスがお客様とマッチすれば、
最高のコーヒーを手に入れることができます。

ぜひ、最高級の一杯をご自宅でお楽しみください。

【初めてのご注文の方、限定】

日々ノ珈琲代表・酒井のプロフィール

香料会社にて、コーヒーのフレーバー研究を経て、コーヒーロースターへ。
2001年より世界中あらゆる産地のコーヒー豆を吟味し、
「飲み疲れしない」「デイリーでは最高級」のコーヒーを追求し続けている。
他のどの飲み物でも代替できない、甘さと苦さが溶け合う「王道」のスタイルが基本コンセプト。
技術指導、開業フォローも行い、焙煎などの指導を経て独立したコーヒー店オーナーは10名以上に上る。
ここだけのスタイルで焙煎したブレンド

季節限定ブレンド

コーヒーは農作物です。
それぞれに旬があります。
その時点で最高のコンディションの生豆を厳選し、
メインに組んだブレンドです。
春ブレンド「襲衣」おそい

季節限定2018春【濃いめ】
3月~5月限定です。

春ブレンド「垂絹」すいけん

季節限定2018春【軽め】
3月~5月限定です。

how to find out

「納得できる味」への道しるべ

▼中煎りのコーヒーをお試しください

最近のコーヒーがどうも美味しく感じられない・・・

考えられる要因として、「浅煎り」タイプが多く、「浅煎り」であれば、どのコーヒー豆でも連動して「酸味」が強調されます。豆の色具合が「ライトブラウン」寄りだと、その傾向が強いでしょう。

ショップの「中煎り」に注目してください。
「中煎り」とは酸味と苦味の、シーソーでいう所のバランスのとれた、どちらにも偏らない味わいです。
あるショップの「中煎り」が「酸味が強い」場合、全般的に浅煎り傾向の強い店と言えるでしょう。

最近多い「酸っぱいコーヒー」が美味しいと思えない

スペシャルティと言われるコーヒーの特徴として、フレーバー(香り)を最重視する傾向にあります。
フレーバーを最大化するロースト帯は「浅煎り」です。(浅煎りの時、フレーバーが最高になる)

よって「香り」や「キャラクター」の差別化を優先するため、コーヒーの味わいの説明が偏りがちになり、イメージが把握しにくくなる、と考えられます。

コーヒーの味わいの全体的なイメージとして「酸味⇔苦味」「軽い⇔濃い」を縦軸・横軸にした平面マップで、味わいの位置付けをイメージすると分かりやすいでしょう。

浅煎りは「酸味寄り」、深煎りは「苦味寄り」の傾向があります。
その店の「焙煎度のラインナップ」の真ん中(その店の”中煎り”)、の商品を目安にしてみましょう。
Recommended1

店長のおすすめ商品1

エチオピア イルガチェフェ・ウォッシュト

当店の焙煎では、「エチオピアウォッシュド」が「中煎り」の中間アイテムです。

▼基準となるコーヒーで比べてみてください

「とりあえずいいか」と思って飲んでいる

一日の中でも、体調や季節によっても「美味しい」コーヒーは、実は「同じ」ではありません。
その時々で「美味しさ」が異なるのを感じられたら、もう「コーヒー中級者」です。
「とりあえず、いつも同じ」から、タイプ別に基準を設けて「使い分け」できればコーヒーに振り回されることはありません。

  • 「浅煎り」では「ブラジル」「エチオピア」を基準に、
  • 「中煎り」では「ガテマラ」を、
  • 「深煎り」では「コロンビア」「タンザニア」等

が基準アイテムと言えましょう。

評判のコーヒーをいろいろ取り寄せて試してみたが、ピンと来ない・・・

コーヒーは嗜好品でも最たるもの。他の人と評価・評判が重なる方がむしろ珍しいと言えます。世間の評判をうのみにしてはいけません。

メーカーの規模が大きくなるショップのコーヒーである程、焙煎からお手元までの経過時間が長く、劣化している可能性が高くなります。味や香りがなく「ピンとこない」典型となるでしょう。

理想は「焙煎所直売」の様な、可能な限り新鮮なコーヒーを販売しているショップが、まずはおすすめと言えます。

自分にとって基準となるコーヒーを定めて比較してみましょう。
ポイントはどこの店でも扱っている「国」「銘柄」から選ぶことです。
(例えるならば、お寿司屋さんを知るために中トロを注文するのと同じです。)
Recommended2

店長のおすすめ商品2

ガテマラ「ラ・メルセー」

当店では「基準となる」コーヒーとして「ガテマラ」を推奨しています。

▼アフターテイストを重視してみてください

そもそも美味しいコーヒーって何なのかわかっていない

コーヒーの「美味しさ」を評価するにはいくつもの「項目」があります。

「味や香りの特徴」「雑味がなくクリアかどうか」「飲み応えのある充足感」「酸味」「甘味」「後味の余韻」等々・・
これらの項目の内、どれが「美味しさ」と強く結びついているか・・は、人によって異なるのです。

自分はどの「項目」を美味しさと捉えているのだろう?を追求すれば、答えはもう目の前です。

本当は飲みやすいコーヒーがいいんだけど・・・

人によって「飲みやすさ」は異なります。そこが嗜好品のジャンルであり、正解はありません。
とは言うものの、逆として「飲みにくい」を想像すると「何か気に入らない味や感じ方」のあるコーヒーではないでしょうか?

その多くが「古くなって劣化したモノ」「豆のクオリティが低く、雑味のあるモノ」であることが多いものです。
どのコーヒーが「飲みやすいか」は、まず「新鮮で、生豆の質の良い」コーヒーから吟味することをお勧めします。

「日々ノ珈琲」では、高品質の生豆由来の「雑味のないクリアな味わい」「しっとりとした口あたり」、そして「アフターテイスト」を重視しています。
後味の余韻がほどよく漂い、ほどよく消えていくコーヒーを、理想の味わいとしています。
Recommended3

店長のおすすめ商品3

ルワンダ「プレメア」

当店では「アフターテイスト」を感じられるコーヒーとして「ルワンダ」を推奨しています。

FAQ

よくあるご質問

コーヒー一杯につき、どれくらいの豆の量が必要ですか?

何mlのカップかによって、使う豆の量は変わります。
目安として「150mlのできあがりのコーヒー」を抽出する場合、「15g」の豆を使ってみてください。
その出来上がりが「薄ければ」豆を増やし、「濃ければ」豆を減らしてください。

どれくらいの「粗さ」でコーヒーを挽けばいいでしょうか?

「エスプレッソ」を除く他の抽出方法全般では「グラニュー糖」より、やや粗めのサイズを最初の目安にしてください。
やはりそれが「濃ければ」豆を粗く、「薄ければ」豆を細かく変えていただいて結構です。

注ぐお湯の温度ってどれくらいがいいですか?

きちんと温度も計るのがベストですが、おおむね90℃弱が理想的です。
お湯は「やかん」や「ケトル」で沸かして、「空の」ドリップポットに移してスプーンでかき混ぜると、よい温度になるでしょう。

「ドリップポット」って何ですか?

ペーパードリップで、コーヒーに注湯する専用のポットです。
注ぎ口が鶴首の様に細く曲がっているもので、この道具でしか、ていねいなお湯注ぎができません。
最初に揃える器具の中でも、必須と言える大事なアイテムです。是非、ご用意ください。

どうしてもコーヒーの淹れ方がよくわからないのですが・・・

どなたでも最初は初心者です。
当店では月2回の土曜日に、ペーパードリップの淹れ方をレッスンしております。
詳細・スケジュールを公式ホームページよりご確認いただき、お気軽にご参加されてみてください。

special package

“本命”のコーヒーをお求めの方へ、お得なご案内です。

〜初回購入の方限定〜

「お試しセット」をご用意いたしました

WEB特典(初回限定パッケージ)

「ガテマラ」+「軽めの何か」or「濃いめの何か」の各200g(=合計400g)セット

(送料別)

「お試しセット」をご提供する理由

コーヒーは嗜好品であるがゆえ、美味しさの「正解」はありません。しかし、お客様一人一人にとっての「好み」はあるはずです。

それはコーヒーに限らず、「ここの店やブランドは好みだ」、逆に「有名店だけど、自分には合わない」といった現実があるかと思います。

ネットショップや実店舗を「すべて」試すことができれば、その中から「NO.1」を選べるのですが、お財布がいくら厚くても現実的ではないでしょう。

そこで、「お客様」と「日々ノ珈琲」との相性を体験していただくことを目的に、「お試しセット」を用意いたしました。

百聞より「一杯」に如かず、です。
口にすればお分かりいただけます。
ぜひ、一度お試しください。

お届けのコーヒーがお客様との相性を計る「ものさし」となるはずです。
※そのための「初回ご利用限定」とさせていただいております。

しかし、お取り寄せ頂いたコーヒーが、口に合わなくて「損をした」とお感じになる可能性も、ゼロではありません。そのため、可能な限りリーズナブルな価格で設定しております。

「お試しセット」の内容について

「ガテマラ」は、そのコーヒー店の実力を知るのには最も適した銘柄です。

  • 専門店であれば(ほぼ)全ての店で取り扱っているので、比較が容易です。
  • ストレートとしてだけではなく、ブレンドにも汎用性が高く、ガテマラにどういった「ロースト」を施すのか、お店のセンスを推し量るのに向いています。

1点目として、迷うことなく当店の「ガテマラ」をお届け致します。


次に「飲みやすい」味わいを・・とリクエストされる事が非常に多く、おススメする立場としては悩ましいのですが、例えば、

  • 軽い味わいが好きな方にとっては、軽いコーヒーが「飲みやすい」
  • 濃い味わいが好きな方にとっては、濃いコーヒーが「飲みやすい」

というように、決して「コレ一つでOK」というものは存在しません。

ゆえにお試しセットでは「軽め」「濃いめ」をそれぞれご用意し、お客様のお好みで選んでいただきたいと思います。(注文時にご指定ください。)

  • 「軽め」はさっぱりで、やや酸味寄り
  • 「濃いめ」は飲みごたえのコクとやや苦味寄り

を特徴としています。

一杯あたりの価格

お試しセットは200gが2種類入った計400gです。
標準的なコーヒーカップ、1杯当たりですと、およそ30杯分。

1杯の価格では、何と「50円」です。
コンビニコーヒーでも100円の所、それとは比較にならないクオリティ、かつ半額相当のお値段で「日々ノ珈琲」を楽しむことができます。

この機会にぜひお試しくださいませ。

「初回注文の方のみ」の特別サービス品につき、
限定販売とさせていただいております。
本日の残数は以下よりご確認ください。

本日のご注文残数

〜初回購入の方限定〜

お得な「お試しセット」をぜひご利用ください!

WEB特典(初回限定パッケージ)

「ガテマラ」+「軽めの何か」or「濃いめの何か」の各200g(=合計400g)セット

(送料別)

当Webサイトでご紹介しているコーヒーへのお問い合わせ、

また内容についてのご意見・ご質問等がございましたら、

お気軽に以下フォームよりお問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせフォーム

内容をご確認の上、
以下のチェックをお願い致します。